はがき・手紙のマナーと絵手紙の書き方を学べるサイト

手紙の書き方

絵手紙用はがきの種類と特徴

更新日:

絵手紙用はがきの種類と特徴

絵手紙用はがきはどれがいいの?官製はがきでは上手に書けない…。

実は、絵手紙で官製はがきは用いず、絵手紙用はがきを使います。

絵手紙用はがきにもたくさんの種類があり、仕上がり方も異なるので素材や書き方にあわせた選び方のコツが必要です。

このページでは絵手紙用はがきの種類と特徴を紹介しています。

絵手紙用はがきそれぞれの特徴を知り、絵のイメージに合ったはがきを選べるようになりましょう。


画仙紙

絵手紙用画仙紙

絵手紙用はがきで最もポピュラーな画仙紙。

顔彩・墨のにじみが程よい上、水の吸い込みが良く乾きが早いのが特徴です。

味わい深いかすれができやすく絵手紙を始めるなら最初に使ってみたいもの。

漉いたときの目がついているので消しゴムで消したあとがつきやすく下書きには適さないことも覚えておきましょう。

水彩紙

絵手紙用水彩紙

水彩紙の紙肌は荒目・中目・細目と表情豊か。

にじみにくく水の吸い込みが悪く乾きは遅いのが特徴です。

水彩絵の具に最適なので、絵手紙を水彩絵の具で書くときは水彩紙を選びましょう。

画用紙

絵手紙用画用紙

紙が厚く少しにじみます。吸い込みと乾きは普通です。

鉛筆で軽く下書きをしてから書くのであれば、消しゴムのあとが残りづらい画用紙を使いましょう。

水彩絵の具や色鉛筆で絵手紙を書くなら画用紙を。

ケント紙

絵手紙用ケント紙

ケント紙は紙が薄めで紙肌がやわらかなのが特徴。

にじみがなく水の吸い込みが悪いうえ乾きも遅いので、水彩絵の具やサインペンで書くならケント紙が最適です。


絵手紙用はがきの種類まとめ

絵手紙用はがきは他に、麻紙(まし)・二双紙(にそうし)・越前手漉(えちぜんてすき)・手漉耳付(てすきみみつき)などの「和紙はがき」

桧や杉、桐の天然樹木と和紙を貼り合わせた「樹肌紙」などがあります。

はがき以外の用紙では、扇形・巻紙・半紙・大判はがきも。

絵手紙用はがきで書くことに慣れてきたら様々なサイズの用紙にチャレンジしてみましょう。絵手紙の楽しさがもっと広がります。



このサイトで一番人気

食事制限はしたくないけどカロリーも気になる…

割高なのはわかっていても、ついコンビニで買っちゃう…

でも、伊藤園のトクホなら、脂肪とコレステロールの吸収をダブルでブロックしてくれる上、経済的です。
体脂肪・コレステロールが気になる方に「2つの働きカテキンジャスミン茶」

-絵手紙の基本

Copyright© 手紙の書き方 , 2017 All Rights Reserved.