はがき・手紙のマナーと絵手紙の書き方を学べるサイト

手紙の書き方

顔彩の色の混ぜ方

投稿日:2016-10-26 更新日:

顔彩の色の混ぜ方

顔彩は2~3色を混ぜることで別の色を作り出すことができます。

何色も混ぜると色が濁ってしまうので2~3色の混色にとどめるのがコツ。

配合の割合によって様々な色を出すことができます。

どんどん練習すれば色の混ぜ方のコツが身に付いてくるので、このページで混色の基本を覚えましょう。


顔彩は混ぜすぎないのがコツ

混ぜすぎないのがコツ

別の色を筆に取りたいときは、最初の色を筆洗い(水入れ)で必ず落としましょう。

筆洗いを小さな器で代用しているとすぐに水が濁ってしまい、何度も水を取り替えなければなりません。

水を取り替える手間を減らすために仕切りのある筆洗いを使うのがおすすめです。

混色は2~3色にとどめる

混色は2~3色まで

色を混ぜる手順を紹介します。まず、水を含ませた筆に最初の色をつけます。

梅皿にとり、筆洗いで色を落とします。2色目の色を筆にとり、最初の色と混ぜて調整します。

ティッシュや紙に塗って色味を確認したら輪郭線を書いたはがきに色を置いていきましょう。淡い色から塗っていくのがポイントです。


色の混ぜ方まとめ

2~3色にとどめて色を混ぜすぎないこと。混ぜる前に筆洗いで色を落とすこと。この2つが大きなポイントです。

色数の少ない顔彩だと色を混ぜて作ることが多くなります。色数の少ないセットを持っている場合、好みの色を単品で買い足していきます。



目でお悩みの方へ

絵手紙の細かい作業をしていると見づらい・・・
パソコンやスマホを見ていると視界がぼやける・・・

これは「コントラスト感度」が低下しているから
目の調子を整える「ルテイン」配合!ダイドードリンコ機能性表示食品【クリアアイ】
私も絵手紙を書く前に飲んでいます。

-絵手紙の基本

Copyright© 手紙の書き方 , 2017 AllRights Reserved.