はがき・手紙のマナーと絵手紙の書き方を学べるサイト

手紙の書き方

絵手紙道具の使い方

投稿日:2016-10-25 更新日:

絵手紙道具の使い方

絵手紙の道具はふだん使い慣れていないものばかり。

筆に馴染みのない暮らしをしていると、初めは少し戸惑ってしまうかもしれません。

絵手紙で使う顔彩の色味はメーカーによって多少異なりますが、色の名前が日本の伝統色・和名であるところは一緒です。

このページでは「筆の持ち方」「線の引き方」「顔彩の使い方」「色の混ぜ方」など道具の基本的な使い方を紹介しています。

道具の使い方の基本を身に付けて、思い通りの絵手紙が書けるように練習していきましょう。



絵手紙道具の使い方別ページに移動できます

筆の持ち方筆の持ち方
絵手紙を書き始める前に筆の持ち方をマスターしましょう。筆の持ち方の基本をおさえることで絵手紙独特の味を出すことができます。

線の引き方線の引き方
筆を正しく持ったら線を引いてみましょう。最初はまっすぐ引けなくて当たり前。徐々に引き締まった真っ直ぐな線が引けるようになります。

顔彩の使い方顔彩の使い方
絵手紙で使う顔彩は淡い色から濃い色まで思いのままに色を出すことができます。筆に含ませる水の量や梅皿を上手に使うのがコツ。

色の混ぜ方色の混ぜ方
顔彩に用意されている色以外にも様々な色を表現できるのが絵手紙の醍醐味。色味の上品さを活かすための混ぜ方を覚えましょう。



目でお悩みの方へ

絵手紙の細かい作業をしていると見づらい・・・
パソコンやスマホを見ていると視界がぼやける・・・

これは「コントラスト感度」が低下しているから
目の調子を整える「ルテイン」配合!ダイドードリンコ機能性表示食品【クリアアイ】
私も絵手紙を書く前に飲んでいます。

-絵手紙の基本

Copyright© 手紙の書き方 , 2017 AllRights Reserved.