はがき・手紙のマナーと絵手紙の書き方を学べるサイト

手紙の書き方

図解でわかりやすい!手紙の書き方【基本のルール】

更新日:

手紙の書き方基本のルール

手紙の基本構成

  • 前文(初めの挨拶)
  • 主文(手紙の本題)
  • 末文(結びの挨拶)
  • 後付け(日付・署名・宛名)
  • 副文(追伸)

それぞれには書き方の基本ルールがあります。

このページでは、手紙の前文・主文・末文・後付け・副文に書く内容について、タテ書き・ヨコ書き別に解説しています。

手紙の基本構成を覚えて、書き方のマナーをしっかり身につけましょう。


タテ書きの手紙の書き方

目上の人への手紙やあらたまった手紙にはタテ書きで書くのがマナーです。

手紙の書き方タテ書き

前文

① 頭語:最初のあいさつにあたる言葉。1文字下げず行の頭から書いていきます。

② 時候の挨拶:天候や季節に応じた言葉を添えて。頭語から1文字分あけるか改行してから書き始めます。

③ 安否の挨拶:相手の健康や安否を伺います。自分の状況を伝えてもかまいません。

④ お礼・お詫びの挨拶:日頃の感謝やのお詫びの気持ちを伝えます。

主文

⑤ 起語:本題に入るきっかけの言葉で書き出します。

⑥ 本文:用件をできるだけ簡潔に書きましょう。

末文

⑦ 結びの挨拶:相手の健康を気遣ったり今後の交友をお願いする文を時候の言葉とあわせて書きます。

⑧ 結語:必ず冒頭とセットで。結びの挨拶から改行するか行末から1文字あけて書きます。

後付け

⑨ 日付:行頭から2~3字分下げます。事務的な内容を書く場合は年号から書きましょう。

⑩ 署名:フルネームで書き、名前の下を結語にそろえます。

⑪ 宛名:フルネームで行頭から書きます。「様」「先生」などの敬称を忘れずに。

ヨコ書きの手紙の書き方

親しい相手に手紙を出したり、口語的な文章の手紙を書くならヨコ書きです。

手紙の書き方ヨコ書き

前文

① 宛名:頭語は書かずに宛名を書いてもかまいません。

② 季節の挨拶:1文字分下げて書き始めます。

主文

③ 起語:1文字分下げて書き始め、前文との間を1行あけて書いてもかまいません。

④ 本文:伝えたい事柄を具体的に簡潔に。

末文

⑤ 結びの挨拶:内容に迷ったら相手を気遣った言葉を書きましょう。

後付け

⑥ 日付:ヨコ書きの場合は算用数字で書きます。

⑦ 署名:フルネームで。名前の最後を右から1文字分あけたほうがバランスがとれます。

副文

⑧ 追伸として書き忘れたことや念を押したいことを書きます。目上の人に向けての手紙や弔事や結婚などでは書かないので注意しましょう。


タテ書き・ヨコ書き別 手紙の書き方のルールまとめ

手紙の書き方の基本ルールをタテ書き・ヨコ書き別に紹介しました。

前文・主文・末文・後付け・副文の基本構成に沿って書けるようになるまで、何度でもこのページで確認してください。

なんとなくの書き方から脱出して、失礼のない手紙が書けるようになりましょう。



このサイトで一番人気

食事制限はしたくないけどカロリーも気になる…

割高なのはわかっていても、ついコンビニで買っちゃう…

でも、伊藤園のトクホなら、脂肪とコレステロールの吸収をダブルでブロックしてくれる上、経済的です。
体脂肪・コレステロールが気になる方に「2つの働きカテキンジャスミン茶」

-はがき・手紙の基本マナー

Copyright© 手紙の書き方 , 2017 All Rights Reserved.