はがき・手紙のマナーと絵手紙の書き方を学べるサイト

手紙の書き方

4月(卯月)の手紙の書き出しと文例

更新日:

書き出し・前文

  • 春の気配もようやくととのい、お健やかにお過ごしのことと存じます。
  • 春たけなわの季節となりました。
  • 春光うららかな季節となりました。お変わりなくお過ごしのご様子、お喜び申し上げます。
  • まさに春爛漫、心も華やぐ季節となりました。いかがお過ごしですか。
  • 花便りが聞かれる頃と相なりました。お元気でいらっしゃいますか。
  • 新入学の初々しい子どもたちの姿につい笑顔がこぼれます。
  • 若葉萌えいづる頃、皆様におかれましては一層ご健勝のことと拝察いたしております。
  • いよいよ春爛漫の好季節となりました。
  • いつの間にか葉桜の季節となりました。
  • 穀雨と申します。降る雨にも優しい温かさを感じます。
  • 花盛りが過ぎ去り、野山の緑が濃さを増しております。

結び・末文

  • このところ花冷えの夜が続きます。つい薄着になりがきな季節ですが、お身体おいといください。
  • 新天地でさらなるご手腕を発揮されますことをお祈りいたします。
  • 温かい春の雨も、時折冷たい雨に変わると申します。ご自愛専一に。
  • 花冷えの頃とも申します。お風邪などお召しにならぬように。
  • 季節の変わり目でございます。くれぐれもお体を大事になさってください。
  • 天候定まらぬ季節でございます。ご自愛くださいませ。
  • 寒の戻りに風邪などお召しになられませんよう、どうぞお体おいといください。
  • 天候不順の折、体調にはくれぐれもお気をつけください。
  • 新しい場所でさらなるご活躍をお祈りしています。
  • 行く春を惜しみつつ、まずはご挨拶まで。



4月(卯月)の書き出しに使いたい時候の言葉

桜花の候、陽春の候、春暖の候、仲春の候、春風の候、清和の候、麗春の候、春爛漫の候、桜花爛漫の候

※「~の候」を「~のみぎり」または「~の折」にしても大丈夫です。

4月(卯月)の自然・動植物・風物詩

春爛漫、陽春、桜、たんぽぽ、葉の花、チューリップ、山菜、筍、ツバメ、すずめ、入学式、ランドセル、桜、お花見、三色団子、桜餅、花祭り、甘茶、エープリルフール、郵便週間、読書、図書館記念日、新社会人



このサイトで一番人気

食事制限はしたくないけどカロリーも気になる…

割高なのはわかっていても、ついコンビニで買っちゃう…

でも、伊藤園のトクホなら、脂肪とコレステロールの吸収をダブルでブロックしてくれる上、経済的です。
体脂肪・コレステロールが気になる方に「2つの働きカテキンジャスミン茶」

-春夏秋冬 手紙の書き出しと文例集

Copyright© 手紙の書き方 , 2017 All Rights Reserved.