はがき・手紙のマナーと絵手紙の書き方を学べるサイト

手紙の書き方

8月(葉月)の手紙の書き出しと文例

更新日:

書き出し・前文

  • 残暑お見舞申し上げます。
  • 猛暑の折、いかがお過ごしですか。
  • うだるような暑さが続いておりますが、お元気でいらっしゃいますか。
  • 皆様おそろいで、にぎやかな夏休みをお過ごしでしょうか。
  • 暦上は秋とはいえ、まだまだ暑さが続く毎日です。
  • 立秋とは名ばかりの厳しい暑さの毎日です。いかがお過ごしですか。
  • 厳しい暑さが続きますが、お変わりなくお過ごしの様子、お喜び申し上げます。
  • 残暑がひとしお見に染みる毎日、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
  • 夏の夜空を華々しく彩る花火を鑑賞し、一時の涼を味わいました。
  • 残暑がひときわ身に染む昨今、お変わりありませんか。
  • 朝夕の風に、いくぶんかの秋の気配が感じられるようになってまいりました。
  • 打ち水も効果なく、暑い日が続いておりますが、そちらはいかがですか。
  • 通勤途中でみかけるプールの情景がとても羨ましく思えます。
  • 夏も盛りを過ぎたとはいっても、ことのほか厳しい残暑が続きます。
  • 例年にない暑さが続いておりますが、お変わりなくお過ごしのご様子、お喜び申し上げます。
  • 近所の河原ですすきを見つけました。秋の気配が忍び寄ります。
  • 夕涼みにほっとひと息つく、晩夏の今日この頃です。

結び・末文

  • まだまだ暑さが続きます。どうぞ無理をなさらぬよう、お体おいといください。
  • 残暑厳しい毎日ですが、お身体を大切にお過ごしくださいませ。
  • 寝苦しい夜が続きます。健康にはぜひともご留意くださいませ。
  • 帰省のご予定はいかがですか。この時期の移動は混雑します。お疲れにならぬようご注意ください。
  • 暑さも彼岸まで申します。涼しい秋の訪れを待ちましょう。
  • 夏のお疲れが出ませんよう、くれぐれもお体を大切になさってください。
  • 朝晩はだいぶ涼しくなってまいりました。お風邪などお召しにならないよう、ご自愛くださいませ。
  • 猛暑の折、どうぞご自愛くださいませ。
  • 夏バテなどなさらぬよう、お体を大切になさってください。
  • 秋を心待ちにしつつ、まずは残暑のお伺いまで。
  • 夏休みのおみやげ話を楽しみにしております。
  • そこかしこに秋の気配を感じます。過ごしやすい季節もすぐそこです。
  • 涼しい秋の気配を心に思いながらこの手紙をしたためてみました。



8月(葉月)の書き出しに使いたい時候の言葉

立秋の候、残暑の候、残炎の候、晩夏の候、残夏の候、早涼の候、秋暑の候、暮夏の候、新涼の候

※「~の候」を「~のみぎり」または「~の折」にしても大丈夫です。

8月(葉月)の自然・動植物・風物詩

立秋、処暑、残暑、晩夏、土用波、スイカ、ヒグラシ、朝顔、ひまわり、お盆、盂蘭盆会、迎火、お墓参り、帰省、帰省ラッシュ、渋滞、高校野球、甲子園、夏祭り、盆踊り、青森ねぶた祭、高知よさこい祭、仙台七夕まつり、徳島阿波踊り、大文字の送り火、花火大会、生ビール、終戦、平和、地蔵盆、夏休みの宿題



目でお悩みの方へ

絵手紙の細かい作業をしていると見づらい・・・
パソコンやスマホを見ていると視界がぼやける・・・

これは「コントラスト感度」が低下しているから
目の調子を整える「ルテイン」配合!ダイドードリンコ機能性表示食品【クリアアイ】

-春夏秋冬 手紙の書き出しと文例集

Copyright© 手紙の書き方 , 2017 All Rights Reserved.