はがき・手紙のマナーと絵手紙の書き方を学べるサイト

手紙の書き方

6月(水無月)の手紙の書き出しと文例

更新日:

書き出し・前文

  • さわやかな初夏の風を感じる頃となりました。皆様にはお元気でお暮らしのことと存じます。
  • 初夏を感じる今日この頃、ますますご壮健のこととお喜び申し上げます。
  • 道行く人の服装も軽やかで、初夏を感じる今日この頃でございます。
  • 入梅も間近のようです。体調ご万全でお過ごしですか。
  • 六月ももう半ば、梅雨空が続きますが、気温はもう夏の蒸し暑さです。
  • 梅雨明けかと思えば、再び連日の雨。晴天を待ちわびる毎日です。
  • 今年も半分を過ぎましたが、ご無沙汰いたしまして心苦しく思っております。
  • 木々を渡る風に夏の気配が薫るようになりました。
  • 降り続く雨に木々の緑も色濃くなって参りました。
  • あじさいの花が美しい季節となりました。
  • くちなしの香りが漂う季節となりました。

結び・末文

  • 梅雨寒の日が続いております。どうぞお体おいといください。
  • 梅雨冷えの折から、夏風邪などお召しになりませんようご自愛くださいませ。
  • 梅雨明けも間近でございます。どうぞお体ご自愛くださいませ。
  • 天候不順が続きます。ご健康にはぜひともご留意くださいませ。
  • 梅雨明けには今しばらくの辛抱です。お元気でご活躍くださいませ。
  • 当分は雨続きになりそうですが、気分まで滅入らぬよう祈っております。
  • 今年は各地で梅雨冷えのようです。お風邪などお召しにならぬように。
  • 季節はまさに夏に向かっています。お身体ご自愛くださいませ。
  • 冷える日もございますので、くれぐれもお体にはお気をつけください。
  • 梅雨が明けたら、ぜひ遊びにいきましょう。



6月(水無月)の書き出しに使いたい時候の言葉

初夏の候、入梅の候、向暑の候、立夏の候、梅雨の候、麦秋の候、向夏の候、入梅の候、薄暑の候、青葉の候

※「~の候」を「~のみぎり」または「~の折」にしても大丈夫です。

6月(水無月)の自然・動植物・風物詩

初夏、入梅、梅雨、梅雨晴れ、蒸し暑さ、衣替え、夏服、田植え、傘、カエル、カタツムリ、そら豆、あじさい、くちなし、花菖蒲、結婚式、ジューンブライド、父の日、夏至、一年の半分、虫歯予防デー、時の記念日



このサイトで一番人気

食事制限はしたくないけどカロリーも気になる…

割高なのはわかっていても、ついコンビニで買っちゃう…

でも、伊藤園のトクホなら、脂肪とコレステロールの吸収をダブルでブロックしてくれる上、経済的です。
体脂肪・コレステロールが気になる方に「2つの働きカテキンジャスミン茶」

-春夏秋冬 手紙の書き出しと文例集

Copyright© 手紙の書き方 , 2017 All Rights Reserved.