はがき・手紙のマナーと絵手紙の書き方を学べるサイト

手紙の書き方

11月(霜月)の手紙の書き出しと文例

投稿日:2016-10-19 更新日:

書き出し・前文

  • 紅葉が一段と色を増して参りました。いかがお過ごしでしょうか。
  • 日中の穏やかな日差しを恋しく思ってしまうこの頃です。大変ご無沙汰いたしております。
  • 立冬を迎え、まさに冬の到来を感じる昨今の寒さです。
  • 日に日に秋が深まり、暮秋と呼ばれるにふさわしい気候となって参りました。
  • 初霜の便りが聞かれる今日この頃でございます。
  • 菊花の香り高い季節となりました。お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 穏やかな小春日和が続いております。やわらかな日差しに包まれ、手紙をしたためました。
  • つるべ落としの秋の黄昏、お変わりありませんか。
  • 落葉の季節となりました。
  • 朝晩の冷え込みがますます厳しくなって参りました。
  • 日増しに寒さが募って参りました。

結び・末文

  • 暦上はもう冬です。寒さには十分ご注意くださいませ。
  • 朝夕の冷え込みが厳しくなる折、どうぞご自愛くださいませ。
  • 朝晩の冷え込みは本格的です。温かくしておやすみください。
  • 向寒の折、皆様のご健康を心よりお祈りしております。
  • 寒さが身にしむ季節となりました。お身体、ご自愛くださいませ。
  • 木枯らしの季節となりました。どうぞお体を大切になさってください。
  • 冬の訪れが近づいております。どうぞお健やかにお過ごしください。
  • 季節の変わり目です。くれぐれも体調にご留意ください。
  • 年末に向けてお忙しくなってくる時期、どうかご無理をなされませんように。
  • 温かい鍋が恋しい季節となりました。体調を崩されないようにご自愛ください。



11月(霜月)の書き出しに使いたい時候の言葉

晩秋(ばんしゅう)の候、暮秋(ぼしゅう)の候、向寒(こうかん)の候、深冷(しんれい)の候、季秋(きしゅう)の候、寒冷(かんれい)の候、落葉(らくよう)の候

※「~の候」を「~のみぎり」または「~の折」にしても大丈夫です。

11月(霜月)の自然・動植物・風物詩

晩秋、小春日和、木枯らし、初霜、初冠雪、山茶花(さざんか)、野菊、落ち葉、つるべ落とし、鱈、太刀魚、芸術、文化の日、文化祭、七五三、千歳飴、酉の市、一の酉、二の酉、三の酉、露店、熊手飾り、みかん狩り








 

春夏秋冬 手紙の書き出しと文例集

手紙の書き方 TOP

目でお悩みの方へ

絵手紙の細かい作業をしていると見づらい・・・
パソコンやスマホを見ていると視界がぼやける・・・

これは「コントラスト感度」が低下しているから
目の調子を整える「ルテイン」配合!ダイドードリンコ機能性表示食品【クリアアイ】
私も絵手紙を書く前に飲んでいます。

-春夏秋冬 手紙の書き出しと文例集

Copyright© 手紙の書き方 , 2017 AllRights Reserved.