はがき・手紙のマナーと絵手紙の書き方を学べるサイト

手紙の書き方

10月(神無月)の手紙の書き出しと文例

投稿日:2016-10-26 更新日:

書き出し・前文

  • 日増しに秋の深まりを感じる今日この頃、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 日足もすっかり短くなってまいりましたが、お変わりございませんか。
  • 秋の夜長、落ち着いたよい時間をお過ごしのことと存じます。
  • 一年の中でも過ごしやすい季節と相なりました。ご機嫌いかがですか。
  • 木々の紅葉も日々色づいてまいります。いかがお過ごしでしょうか。
  • 秋冷が心地よく感じられる季節となりました。お元気お暮らしのことと存じます。
  • 心落ち着く秋です。皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。
  • 秋日和と申します。好季節を迎えお元気でお暮らしのことと存じます。
  • 秋晴れの下、元気のよい運動会の歓声が響いています。
  • 秋の気配が日毎に深まってまいりました。
  • 気持ちの良い秋風が吹く季節となりました。
  • 秋晴れのさわやかな日が続いております。
  • 秋の長雨が続く昨今、お変わりありませんか。
  • 紅葉を見に出かけました。美しい秋の風景が見事でした。
  • 気候も味覚も申し分ない昨今、皆様にはご健勝のことと存じます。
  • 野山が秋色に染まるころになりました。
  • 秋風もすっかり冷たく、初雪の便りも間近にせまる昨今となりました。

結び・末文

  • 寒露の折から、くれぐれもご自愛くださいますようお祈りいたします。
  • 肌寒くなってまいりましたが、何とぞお身体をおいといくださいませ。
  • 気候も味覚も最高の、快適な季節を心ゆくまでお楽しみください。
  • 秋冷の折でございます。ご健康のほどお祈り申し上げます。
  • 野山はすっかり秋の装いでございます。どうぞ爽やかな毎日をお過ごしください。
  • 紅葉に彩られる好季節を、どうぞご壮健にお過ごし下さい。
  • 日に日に夜の冷え込みも増す頃です。お風邪にはご注意ください。
  • 冷え込みも厳しくなりました。お風邪などお召しになりませんよう、ご用心ください。
  • 冷たい長雨が続いております。ご自愛くださいませ。
  • 冷たい風が吹く日もございます。ご自愛ください。
  • 快適な季節に、ますますのご活躍をお祈りいたします。
  • 冬に備えて、くれぐれも体調は万全にととのえておきたいものです。
  • 実りの秋を、どうぞ心ゆくまでお楽しみください。



10月(神無月)の書き出しに使いたい時候の言葉

秋冷の候、仲秋の候、清秋の候、錦秋の候、爽涼の候、秋晴の候、寒露の候、涼寒の候、紅葉の候、朝寒の候、秋麗の候

※「~の候」を「~のみぎり」または「~の折」にしても大丈夫です。

10月(神無月)の自然・動植物・風物詩

時雨、長雨、夜長、爽涼、名月、紅葉、秋の味覚、まつたけ、さんま、栗、柿、ハイキング、行楽シーズン、きのこ狩り、栗拾い、ぶどう狩り、スポーツ、運動会、体育の日、運動会、赤い羽根共同募金の開始、目の愛護デー、ハロウィン、かぼちゃ、読書週間、二十日戎、収穫期



目でお悩みの方へ

絵手紙の細かい作業をしていると見づらい・・・
パソコンやスマホを見ていると視界がぼやける・・・

これは「コントラスト感度」が低下しているから
目の調子を整える「ルテイン」配合!ダイドードリンコ機能性表示食品【クリアアイ】
私も絵手紙を書く前に飲んでいます。

-春夏秋冬 手紙の書き出しと文例集

Copyright© 手紙の書き方 , 2017 AllRights Reserved.