はがき・手紙のマナーと絵手紙の書き方を学べるサイト

手紙の書き方

【絵手紙素材】絵手紙で桜を描いてみましょう

更新日:

桜を素材に台所用スポンジを使った描き方を紹介。

スポンジでポンポン色を乗せていくことで桜が咲き乱れている様子を表現していきます。

試し書き用の紙を準備しておきましょう。


あとで桜の花が入るのを考えて絵を描く

絵手紙桜の描き方1

素材の奥にあるものから描いていくのもコツのひとつ。

桜をあとから描くので、枝や幹を先に仕上げておきます。

スポンジを使って桜を描いていく

絵手紙桜の描き方2

筆を使わず台所用スポンジを使って描いていきます。

使いやすい大きさに切ったスポンジを用意しましょう。

ポンポンと軽く押しつけていく

絵手紙桜の描き方3

上朱と胡粉を混ぜてピンク色を作ります。薄く淡い色を出したいので水分を多めに。

スポンジに色をつけたらポンポンと軽く色を乗せていきます。はがきに色を乗せる前に、試し書き用の紙で色付き具合いを確認しましょう。

色を濃くして塗り重ねていく

絵手紙桜の描き方4

薄い色から濃い色へ。色の濃淡をつけると立体感が増します。

強く押し付けるとベタっとなってしまうので注意しましょう。


文字と印と入れる

絵手紙桜の描き方5

文字と印を入れたら完成です。

文字の書き方に決まりはありません。ふとしたつぶやきや印象をそのまま書けば絵手紙らしさが出ます。



目でお悩みの方へ

絵手紙の細かい作業をしていると見づらい・・・
パソコンやスマホを見ていると視界がぼやける・・・

これは「コントラスト感度」が低下しているから
目の調子を整える「ルテイン」配合!ダイドードリンコ機能性表示食品【クリアアイ】

-絵手紙 春夏秋冬の素材

Copyright© 手紙の書き方 , 2017 All Rights Reserved.